スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い影につかまった…ハチミツとクローバー9巻
完全コミック派の私には、9巻の発売がとっても待ちどうしかった!
でも、読後の感想としては、これは読みたくなかった…。
ずっと9巻まだかな・まだかなって思い続けていたかったです。

この展開については、両極端に賛成派・反対派に分かれるのではないかと思いますが、
私は圧倒的にショックで立ち直れないほどの反対派です。

いままでハチクロを読んできて、作者の存在って意識したことはなかったというか、
はぐちゃんも、竹本君も、森田さんもみんな、2次元の中ではあるけれど生きているというか、
そんなこと意識もせずに私の中ではそれぞれが生きてたように感じていたけれど、
9巻を読んだあとには、「あー、そうか、みんな作者によって描かれているんだなー」
って、一歩引いて客観的に見るようになってしまいました。

森田馨が後ろからせまってくる黒い影に飲み込まれそうになっていたように、
ハチクロが、黒い影につかまってしまったというか、
不のオーラに屈したというか…。いまだ混乱中ですが、現実として受け入れられずにいます…。

この不のオーラは、原田の死にはじまって、リカを包み、修ちゃんを包み、
はぐを包んで最終的には森田センパイまでつかまえてしまった。
なんていうか、はぐにとって森田センパイの最後のあの言葉は、聞きたくないものなのでは?
描かなくていい・生きているだけでいいなんて、森田センパイらしくないし、
はぐを大切に思うあまりにその台詞をいったとしたら、それははぐを理解できていないし…。
同じ高みで切磋琢磨しあえると感じていたはぐにとって、これは悲しいと思う。

はぐはきっと、描くことで自分の生きる意味を感じているんだから、画家の道を閉ざされて
ただ一人の女の子として箱の中で大事にされるだけなんて自分で自分がゆるせないでしょう?
これまでハチクロで作り上げられてきた森田センパイのキャラクター像が、
ガラガラと音を立てて崩れてしまってはいませんかね…??

9巻を読んで、とっても切なくて悲しくて可哀想でたくさん涙が出ました。
でも、感動の涙はあゆと野宮さんのやり取りの部分でだけ。
あとの涙は全て可哀想で出てきた涙です。

最近、「泣ける映画」とか「泣ける本」とかっていう言葉を良く聞くけど
間違えたくないのは、「泣ける」=「感動」ではないということ。
一番いい例は火垂るの墓。
タイタニックの終わり方も、ONE PIECEの最近の展開にも同じに感じますが、
登場人物を不幸にしてまで、涙を誘う必要はないと思う。
物語の流れの上で、不幸にならなくてはいけない人も確かにいるとは思います。
でも、衝撃の展開をつくりたいとか、読者をびっくりさせたいとか、
明らかにそういう意図を持って登場人物を不幸にしてほしくない。

どんどん話はそれてしまっています。ごめんなさい。

でも、「クリリンが死んだーーー」現象というか、そういうところでの衝撃は、無理に作り出すもの
ではないと感じます。(クリリンの死は、ドラゴンボール内では有効だし、驚いたけど、生き返るし、必要な流れだと思いますよ!でも、無理に同様の衝撃を狙う現象は確かに存在すると思う。)

今回、ハチクロの作者さんは、ずっと前からこの展開を決めていたのかもしれないし、
作者さんの中で生きているキャラクターはこうやって動いたのかもしれない。
無理に衝撃を狙ったわけでもなんでもない自然な流れかもしれない。
でも、私にはこの展開が急すぎて、これまでとの矛盾もたくさん目に付いて、
受け入れられずにいます。
一読者の、勝手な感想です。読んで気分を悪くされた方には、本当にごめんなさい…。
スポンサーサイト
Copyright © PUPPU. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。