スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイダーハウス・ルール☆
 サイダーハウス・ルール、大好きなんです。人生で見た中で、一番大好きな映画。最近ケーブルテレビのムービープラスでよく放送されていて、私はもうかれこれ40~50回くらいは見ているのに、ふとチャンネルを回してサイダーハウス・ルールが映ると、手を止めてまたみてしまいます。
 この映画は、内容から賛否両論あると思うんだけど、私は大好き。もちろん、主人公ホーマーも、ヒロインのキャンディも、ホーマー役のトビー・マグワイヤもキャンディ役のシャーリーズ・セロンも大好きだけど、一番大好きなのは原作・脚本のジョン・アーヴィング。物語の意味、伝えたいこと、伏線なんかがすごくうまくからまっていて、本当に尊敬してしまいます。文学部を卒業して、小説家に憧れていた私は、こういう圧倒的な才能に、原因不明の涙がでます。
 一番のテーマは、主人公ホーマー・ウェルズの遅咲きの自分探しの旅ですが、もう一つ大きなテーマが堕胎です。ちょっと重たいテーマですが、考えさせられる、考えなくてはいけない問題なのかな…と思います。
 だけど映画は、ニューイングランドの本当に美しいリンゴ園と、アカデミー賞で作曲賞にノミネートされた音楽で、まだ赤くなりきらない青いリンゴのように、甘酸っぱい、青春の物語に仕上がっています。同ラッセ・ハルストレム監督の、ギルバート・グレイプが大好きな方には、本当にお勧めです☆
まだみたことがない人がいたら、ぜひ。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ども、達也です。

『サイダーハウス・ルール』いい映画でした。
ドラマのエピソードの一つ一つに、
人間が抱えている問題が潜み、
それとしなやかに、時には強く立ち向かい、
時にはかわしながら歩く姿が素敵でした。
特に医師ラーチを演じた『マイケル・ケイン』の
演技は、メッセージそのもの。
アカデミー助演賞にふさわしいものでした。

P.S トラバさせてくださいね。
TATSUYA | URL | 2006/09/09/Sat 21:10 [EDIT]
コメントありがとうございます♪
サイダーハウスルール、本当にいいですよね☆
私もラーチ先生大好きです。
ちゃっかり出演しちゃったアーヴィング親子も
大好きです^^
アカデミー最優秀作品賞に選ばれなかったのが
嘘のようです…。

私もこれからそちらに時々お邪魔させてください♪
PUPPU | URL | 2006/09/09/Sat 22:09 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © PUPPU. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。